HOME

What's New(新着情報)

高等学校の先生に会ったこと。

自分は最近は、総合病院へ毎月一度通院をしています。
この総合病院は、自分が通っていた高等学校と同じ実家のある県にありますので、
たまに、高等学校のお友達や、高等学校の先生や、高等学校の先輩などにお会いする時も
ありました。
自分が、以前こちらの総合病院へ通院のために行った時には、高等学校の担任の先生だった方を
お見かけしたことがあったのです。
この担任の先生は、自分が総合病院の廊下で見つけただけで、先生のほうからは、気がついてくれませんでした。
高校時代とほとんど変わっていませんでしたので、その先生を一目見たときに、高校の時にお世話になった担任の先生だということが、すぐにわかりました。
そして、総合病院の通院も月に一度ですので、これは話しかけたほうが良いなと思いましたので、
自分のほうから思い切って、その担任だった先生に話しかけてみました。
すると、自分はもう高校を卒業してから、20年以上も経っているのに、自分のことを見た先生は、自分の名前を呼んでくださったのです。
高校時代とは、自分が思っている限り、自分の見た目は変わってしまったと思いますので、
話しかけても、自分のことはわからないだろうなと思っていました。
しかし、きちんと自分の名前までも覚えていてくださったので、とても嬉しかったことを覚えています。
高校時代の担任の先生が、まだ自分の名前までも覚えていてくれるということが、
とても自分にとっては、涙が出るほど嬉しかったのです。

HOME